ここから本文です

警察官の夫が逮捕、無理心中を偽装か…福岡母子3人殺害

6/9(金) 7:04配信

スポーツ報知

 福岡県小郡市の住宅で6日に中田由紀子さん(38)と小学生の子供2人の計3人が殺害された事件で、県警は8日、由紀子さんに対する殺人容疑で、夫で県警通信指令課に所属する巡査部長の中田充容疑者(38)を逮捕した。充容疑者は容疑を否認しているが、小学4年の長男・涼介君(9)と小学1年の長女・実優さん(6)も首を絞められて窒息死しており、県警は充容疑者が2人の死亡に関しても何らかの事情を知っているとみて調べる。

 親子の無理心中の疑いがあった事件は発覚からわずか3日のうちに殺人事件と断定され、さらに夫が妻の殺害容疑で逮捕されるという劇的な結末を迎えた。

 逮捕容疑は6日午前0時ごろから同6時ごろにかけて自宅で由紀子さんの首を絞め、殺害した疑い。遺体に付着した遺留物捜査をふまえ逮捕に踏み切った。県警は充容疑者以外の人物の関与はなかったとみている。

 県警は当初、子供2人の首にひもで締めたような痕があったとする一方、由紀子さんの首に圧迫の痕はないとみて、無理心中との見立てをしていた。だが司法解剖の結果、由紀子さんの首に自殺の場合とは異なる皮下出血の痕が確認されたことで窒息死の疑いがあることが分かった。

 さらに、充容疑者は休みだった5日の夜は母子3人と同じ部屋で就寝し、翌6日の午前6時45分に出勤する際にも「3人は寝ていた」と証言。その後、涼介君と実優さんの死亡推定時刻が6日の午前0~5時とされ、食い違いが生じたことで、県警は捜査を進めていた。

 由紀子さんの遺体が見つかった1階の台所には燃えた跡のある練炭のようなものがあったが、目張りはされていなかった。無理心中の偽装を行おうとしたものの、十分な準備をする余裕がなかった可能性もある。

 充容疑者は「そのようなことはしていません」と容疑を否認しているものの、現職警察官が妻を手にかけた殺人容疑で逮捕されたことに、県警内には「県警の歴史が始まって以来の不祥事だ。あり得ない」(捜査幹部)と衝撃が走った。「逃げ切れると思ったのか」と憤りの声も上がった。関係者によると、充容疑者は市民生活に近い地域部での勤務が最近は続いており、現在は110番通報に対応する通信指令課に籍を置いていた。

 ある県警幹部は「警察への視線は厳しくなる。頭を下げるしかない」と憔悴(しょうすい)し切った表情。別の幹部も「司法解剖すれば(偽装は)分かる話。なぜだ。信じられない」と声を荒らげた。

 ◆県警4分間頭下げる

 福岡県警の警察不祥事対応の責任者、久田誠警務部長は8日、県警本部で会見を行い、約50人の報道陣を前に、4分近く頭を下げ続けた。久田警務部長は「重く受け止める」と険しい表情を浮かべた。福岡県警では今年3月、同僚の女性警察官に集団でわいせつ行為をしたとして、留置管理課の男性警部補2人を、1月には飲酒して当て逃げをしたとして行橋署の巡査部長を書類送検。不祥事が相次いでおり、動揺は大きい。

最終更新:6/9(金) 7:04
スポーツ報知

Yahoo!ニュースからのお知らせ