ここから本文です

大阪薬科大で爆発、教員1人が負傷 薬品使う作業中

6/9(金) 16:23配信

朝日新聞デジタル

 9日午後3時10分ごろ、大阪府高槻市の大阪薬科大から、119番通報があった。市消防本部と同大学総務課によると、6階建ての研究棟の5階の一室で、30代の男性教員が作業中に薬品が爆発したという。男性教員が負傷して病院に搬送されたが、意識はあるという。

【写真】爆発があった大阪薬科大を調べる大阪府警の捜査員ら=9日午後5時20分、大阪府高槻市奈佐原4丁目、長谷川健撮影

 消防車11台が出動し、学生や教員らが避難した。現場はJR京都線の摂津富田駅の北西約3・5キロ。キャンパスは住宅街の中にある。

朝日新聞社