ここから本文です

X JAPANツアーはアコースティック形式で決行、YOSHIKI「次の目標に向かいたい」

6/9(金) 15:28配信

音楽ナタリー

YOSHIKI(Dr, Piano)の人工椎間板置換手術により開催を協議中だったX JAPANのツアー「X JAPAN WORLD TOUR 2017 WE ARE X」日本公演。この公演に関する記者会見が、本日6月9日に東京都内で行われた。

【写真】Toshl(Vo)(他3枚)

この会見にはメンバーのToshl(Vo)とPATA(G)、HEATH(B)が登壇。会見の冒頭、Toshlは今回のツアーについて協議を重ねた結果「なんとか、前向きにやろうということになりました」と、公演の決行を発表した。しかしYOSHIKIはまだ手術直後でドラムの演奏が難しいことからピアノで参加すると明かし、ライブの構成に関して「アコースティックのセッションをするコンサートにしようという方向で話を進めている」と語った。

アコースティックライブへの内容変更により、ツアーのタイトルも変更。「X JAPAN WORLD TOUR 2017 WE ARE X Acoustic Special Miracle ~奇跡の夜~ 6DAYS」という新しいタイトルが発表された。この公演についてToshlは「今の時期だからこそできる我々の最高のパフォーマンスを。ファンの方々とメンバーで素敵な時間を共有したい。これからわくわくしながらリハーサルに入り、本番を迎えたい」と意気込んだ。

ライブに向けての心境を問われるとPATAは「実際、まだいまいちよくわかってないんですけども(笑)。来ていただいたファンの方々が納得できるコンサートをやりたい」、HEATHは「どんな状況になってもベストを尽くしていきたい。応援のほどよろしくお願いします」と語った。また、スケジュールの都合で会見を欠席したSUGIZO(G, Violin)からは「どんな状況であろうとも全力を尽くします。どんな苦境になろうとも全霊で臨みます。それが僕の役目だと思います」というメッセージが寄せられた。

会見の後半にはYOSHIKIが国際電話で会見に参加した。YOSHIKIは「元気?」とToshlに問いかけ「それ、こっちのセリフです(笑)」と笑わせる。その後ツアーについて「自分はやはり前に進んでいないと生きていけないタイプの人間で。僕のわがままですけど、ぜひやらせてほしいと」と開催を熱望したことを明かし「今はドラムは叩けない、というか今後叩けるかどうかもわからないんです。でもまずピアノを演奏して、次の目標に向かっていきたい。コンサートに向かっていることが自分にとってもリハビリになっています」と前向きな姿勢を見せた。

会見の終盤、YOSHIKIは6日間のアコースティックライブについて「Toshl大丈夫なの? 6DAYSって。PATAも病み上がりだし」と心配し、ほかのメンバーから「いや、あなたが!」と総ツッコミを受ける。PATAが「年に1回ずつ誰かが手術するバンド、はやめようよ」と彼らのここ数年を振り返ると、Toshlも「……やめよう」と深く同意していた。また、YOSHIKIは8月以降に予定されているプレミアムディナーショーについても開催を約束。ニューアルバムの制作状況については「手術後2日目からスタジオに戻っています。ドラムやボーカルのレコーディングはすべて終わっていて、遅いペースですが編集作業のようなものはできますので」と、引き続き進めていることを明かした。

ライブ内容の変更に伴い、希望者からはチケットの払い戻しも受け付ける。さらに7月17日(月・祝)に神奈川・横浜アリーナで行われるファイナル公演の模様は、WOWOWで生中継されることも決定した。

X JAPAN WORLD TOUR 2017 WE ARE X Acoustic Special Miracle ~奇跡の夜~ 6DAYS
2017年7月11日(火)大阪府 大阪城ホール
2017年7月12日(水)大阪府 大阪城ホール
2017年7月14日(金)神奈川県 横浜アリーナ
2017年7月15日(土)神奈川県 横浜アリーナ
2017年7月16日(日)神奈川県 横浜アリーナ
2017年7月17日(月・祝)神奈川県 横浜アリーナ

最終更新:6/9(金) 15:28
音楽ナタリー