ここから本文です

小麦粉・乳製品・卵不使用の限定クリームパン 仲町台のパン店が開発 /神奈川

6/9(金) 19:44配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 横浜市営地下鉄仲町台駅近くのパン店「ベーカリーリゾート ブルーコーナー」(横浜市都筑区仲町台1、TEL 045-342-8603)が6月11日から、小麦粉・乳製品・卵不使用の「グルテンフリーヴィーガンプレミアムクリームパン」の期間限定提供を始める。(港北経済新聞)

 「世界の魅力をパンで伝える」をコンセプトに、国内外のさまざまな食文化や食材を取り入れたパンを展開し続けてきた同店。外部の飲食店や企業とコラボレーションした限定パンの開発も行っている。

 今回は美や健康を意識したスイーツブランド「COCO CHOUCHOU(ココ・シュシュ)」とコラボしたクリームパンを開発。米粉を使って作ったパン生地に、調整豆乳、きび砂糖、カシューナッツ、カカオバターで作ったクリームを入れる。グルテンフリーであるとともに、ビーガン(完全菜食主義者)でも食べられる商品となった(同じ厨房内で小麦粉、乳製品、卵を使用した商品を製造)。価格は489円。

 同店プロデューサーのハンマーさんは「ココ・シュシュさんはコクのあるクリームの研究、当店は液体化しているグルテンフリー生地でいかにそのクリームを包むか、とそれぞれ高い壁に挑み、何度も試作を重ねて、ようやく完成にいたった。ビーガンの方やアレルギーの方だけでなく、多くの人に食べていただき楽しんでいただけたら」と話す。

 提供は7月9日まで。営業時間は毎週日曜日・月曜日の10時~17時。

みんなの経済新聞ネットワーク