ここから本文です

小出恵介の淫行…女子高生にも非があるとの見方にテリー伊藤氏「大きな間違い。一番の被害者は彼女」

6/9(金) 9:48配信

スポーツ報知

 テレビプロデューサーのテリー伊藤氏(67)が9日放送のTBS系「ビビット」(月~金曜・前8時)に生出演し、俳優・小出恵介(33)が5月に大阪で未成年(17歳)の女子高校生と飲酒、淫行(いんこう)し所属事務所の「アミューズ」が無期限活動停止処分を下した問題で独自の見解を明かした。

【写真】小出恵介、未成年女性と淫行

 番組では、今回の不祥事でドラマの放送中止など芸能界で多大な影響が出ていることを報じた。こうしたテーマにテリー氏は「芸能界側の意見ですよ」とした上で、女子高生が「妊娠していたらどうするんですか」と投げかけた。

 テリー氏は週刊誌の取材を受けた時は、女子高生自身も大きな問題と考えていなかっただろうと推測。今回、大きく報道されたことで「彼女自身の存在も地元でどんどん明らかになっていって、事がこれだけ大きくなっていくと彼女のこれからの人生を考えなくちゃいけない」と訴えた。

 さらに「ボクらは芸能界の人間だから、損害だとか言っているけど、彼女自身が一番の被害者なんですよ」と話した。今回の問題で「17歳の女の子が夜中に呼び出されて酒飲んだから、彼女も悪いんじゃないかという意見もあるかもしれない」とテリー氏は指摘したが、こうした意見は「大きな間違いで、小出君が最初から呼ばなきゃいいし、そういう行為をしなければいい」と力説した。

 一方でMCの真矢ミキ(53)は女子高生が飲酒したことを「自分で止めてよとも思う」とし、女子高生自身が自分の意思で飲酒を止めるべきだったとの見解を示していた。

最終更新:6/10(土) 9:01
スポーツ報知