ここから本文です

小池知事の会見、2部制に 知事として・党代表として…

6/9(金) 19:24配信

朝日新聞デジタル

 小池百合子・東京都知事の定例記者会見の方法が、9日から変更された。2部制になり、最初に知事会見、その後に続けて地域政党「都民ファーストの会」代表としての会見をする形になった。1日に同会代表に就任したため、知事と代表の立場を分けて質疑に応じるなどするのが目的。

 小池氏は原則、毎週金曜に都庁記者クラブ主催の会見に応じており、会見は都のサイトで動画などの形で配信されている。小池氏の同会代表就任後、都が記者クラブに、会見を知事と代表で切り分ける形を提案し、クラブ側が了承した。都は、知事会見は引き続き配信するが、代表会見は配信しないことにした。

 小池氏は9日、代表としての会見で「地域政党の代表が首長を務める他の例をみても、切り分けた形で受け答えをしている。それにならった」と説明した。地域政党代表が知事や市長を務める大阪府や名古屋市では、会見はそれぞれ立場を分けて実施されている。

朝日新聞社