ここから本文です

海老蔵 勸玄君、麗禾ちゃんの飛び入り出演に期待「浴衣用意している」

6/9(金) 18:40配信

デイリースポーツ

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が9日、東京・渋谷の「Bunkamuraシアターコクーン」で自主公演「ABKAI2017 石川五右衛門~外伝」(25日まで)の初日公演を前に稽古を公開し、会見。長女・麗禾ちゃん(5)と長男・勸玄くん(4)の共演について言及した。

【写真】麗禾ちゃんと勸玄くんを抱き寄せる海老蔵

 会場が海老蔵の自宅から近く、しかも、通常の歌舞伎公演とは違い女性も出演しているだけに姉弟共演の可能性は大。6日のブログで海老蔵は「気が向いた時に2人は通行人として、出演予定となりました。おそらく何回かでますね…このテンション…」と2人の出演を示唆していた。

 特に勸玄くんは「石川五右衛門」がお気に入りの演目で、出演には前向きだという。海老蔵は会見で「家の近くで(芝居を)やるって言ったら『じゃあ行く』って言ってましたね」と説明した。ただ、いつ出演するかは2人のGOサイン待ち。「『出たい』と言えばね。一応(衣装の)浴衣は用意してるんです」と子供たちがその気になることを期待していた。

 通行人役ということで、特に稽古もしていないが「歩くだけなんで」と心配する様子は無かった。勸玄くんは7月の東京・歌舞伎座での公演「七月大歌舞伎」にも出演予定。こちらは、史上最年少での宙乗りを行うことも決まっており、「形をつけないと」と気を引き締めた。

 舞台は4回目となる海老蔵の自主公演。俳優の中山優馬(23)、山田純大(44)、前野朋哉(31)ら歌舞伎俳優以外も出演している。