ここから本文です

オリックス・西 先制点許す 藤井に適時打献上

6/9(金) 19:23配信

デイリースポーツ

 「交流戦、オリックス-中日」(9日、京セラドーム大阪)

 オリックス先発の西が四回に先制を許した。

 西は3回まで1安打に抑えていたが、両軍無得点で迎えた四回の先頭打者・大島に右前打。その後、2死一塁までこぎつけたが、6番・藤井に中堅左への適時二塁打を浴びた。

 一方、打線は二回に1死満塁の好機を作ったが、後続が倒れて無得点に終わった。

 また、新外国人のマレーロがこの日、出場選手登録され「1番・右翼」でスタメン出場。初回の先頭打席は空振り三振。三回の第2打席は左飛に倒れている。