ここから本文です

阪神 無死二、三塁の好機に無得点

6/9(金) 20:14配信

デイリースポーツ

 「交流戦、ソフトバンク-阪神」(9日、ヤフオクドーム)

 阪神が3点ビハインドの六回、無死二、三塁の好機で無得点に終わった。

【写真】中谷のプロ初打点は昨季のソフトバンク戦!

 まずは先頭打者として糸井が打席に立つと初球、高めに浮いた129キロスライダーを見逃さなかった。中前打で出塁。糸井は初回にも中前打を放ったが、チームとしてこれ以降に安打がなく、この日2本目の安打でチャンスメークした。

 さらに上本が中前打で続く。これがランエンドヒットとなって一、三塁。さらに高山の打席で二盗を決めて二、三塁とした。だが、高山が浅い左飛に倒れると、続く福留は見逃し三振に。いずれも内野は前進守備を敷いてはいなかった。最後は原口が一飛に抑えられて無得点だ。

 さらに、糸井は中前打で出塁後、代走・新井が告げられてベンチに下がった。この日2安打をマークしたベテランの途中交代にも不安が残る。