ここから本文です

バレー 不祥事からの再出発 中垣内監督が初白星 石川、柳田らが活躍

6/9(金) 21:11配信

デイリースポーツ

 「バレーボール男子・ワールドリーグ高崎大会」(9日、高崎アリーナ)

 世界ランク14位の日本は同24位のトルコを3-1(25-15、26-24、25-27、25-16)で下し、予選ラウンド通算2勝2敗とした。

【写真】トルコ相手に躍動する選手を見つめる中垣内監督

 昨年11月に人身事故を起こしたことによる活動自粛から復帰した中垣内祐一監督(49)が初めて指揮をとったが、中垣内体制で柱としての期待が懸かる石川祐希(21)、柳田将洋(24)、大竹壱青(21)が大活躍。若きエースたちが、指揮官に初勝利をプレゼントした。

 同監督は1月に書類送検されていたが、検察処分が決定しないことから、5月11日の全日本チーム始動後も活動を自粛。この間、元フランス代表監督のフィリップ・ブランコーチが監督代行を務めていた。先週のポーランド大会では、ブラン監督代行が指揮し、1勝2敗だった。

 中垣内監督は「選手がブランのやり方にやりがいを感じ始めているところだと思う。邪魔はしないようにしたい」と話していたように、この日はタイムアウトの際にも指示はブランコーチに任せ、後ろに控えながら個別に選手に声を掛けていた。

Yahoo!ニュースからのお知らせ