ここから本文です

巨人・石川、連敗脱出貢献の先制適時打 古巣のファンの前で

6/9(金) 22:08配信

デイリースポーツ

 「交流戦、日本ハム1-2巨人」(9日、札幌ドーム)

 昨季までの本拠地で、札幌のファンの声援を背に、巨人・石川が連敗脱出に貢献する先制打を見せた。「これが最後のチャンスだと思って臨んだ」という二回1死二、三塁。日本ハム・高梨のカーブを捉え、左前へ運ぶ先制適時打を放った。

【写真】石川とトレードの日本ハム・大田も存在感を発揮

 直後に同点にこそ追いつかれたが、先手が取れない試合が多かったチームにとって、最初の流れを作る一打。高橋監督も「なかなか流れを持ってこられない中での先制点。非常に大きかった」と、その貢献をたたえた。

 昨オフに日本ハムから巨人へトレードで移籍。それでも古巣・札幌のファンから温かい声援を受け「うれしかったです」と笑顔。プロとしてのスタートを切った地で、恩返しとなる打撃を見せた。

 チームは13連敗中とあって「試合に入れば攻める気持ちを忘れずにやっているが、意識していなかったと言えばうそになる」と、これまで経験のない重圧の中で戦い続けた。

 ただ、この1勝で終わりではない。「打撃でも本塁打を打った後の打席が大事だと、いつも心がけている。『勝ってかぶとの緒を締めろ』じゃないけど、明日が一番大事だと思う」と石川。バスに乗り込む引き締まった表情は、すでに次の戦いを見据えていた。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(金) 23:50