ここから本文です

「GOD WARS ~時をこえて~」、カグヤ一行の出会う強大な敵たちを公開

6/9(金) 18:32配信

Impress Watch

 角川ゲームスは6月22日に発売予定のプレイステーション 4/PlayStation Vita用タクティクスRPG「GOD WARS ~時をこえて~」に登場する敵、「八百万の神々」を公開した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 古来から瑞穂国に住まう「八百万の神々」は、争いを続ける人々に怒り、荒御魂に侵されて祟り神と化してしまった。彼らは神としての力を振るい、人間界を混乱へ陥れる。イラストはモンスターデザインを担当する竹安佐和記氏が描いたもの。

□風神

 嵐や大風を司る八百万の神。風と雨を操り、斐伊川を決壊させようとしている。プレーヤーが最も早く遭遇することになる八百万の神。

□鹿神

 人間界に放たれた祟り神の一柱。厳島の神使である鹿の姿をしている。

 その猛々しい角による一撃は、巨大な岩をも打ち砕く力を持つという。

□白蛇神

 三輪山の神使の蛇が祟り神となったもの。身体の周囲を、増幅された嫉妬の念がとぐろのように渦巻いている。

□猪神

 人間界に放たれた祟り神。常に二柱で行動し、宍道湖のほとりでスサノオ、オオクニヌシの行く手を阻む。

□雷神

 黄泉国のイザナミの体に生じたと言われる、黄泉比良坂の奥に潜む悪しき八百万の神。

□九尾のキツネ

 仕えていた主に見放され、狂乱のあまり荒御霊に侵された哀れな祟り神。巨大な体躯と九本の太い尾を駆使し、激しい攻撃を繰り出してくる。

©2017 KADOKAWA GAMES

GAME Watch,今藤祐馬

最終更新:6/9(金) 18:32
Impress Watch