ここから本文です

【西武】トミー・ジョン手術から復帰の高橋朋、2軍戦で1回無安打3奪三振

6/9(金) 17:25配信

スポーツ報知

◆イースタン 西武2軍5―4フューチャーズ戦(9日・西武第二)

 昨年7月に左肘内側側副じん帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受け、2軍で調整中の西武・高橋朋己投手(28)が9日、西武2軍―フューチャーズ戦(西武第二)で実戦復帰後、2度目のマウンドに立った。

 西武2軍の先発としてマウンドに上がると、1番の狩野(DeNA)から直球で空振り三振を奪う上々の立ち上がり。一気に勢いに乗ると、2番・百瀬(DeNA)を見逃し三振、3番・宗接(ロッテ)も内角低めの直球で空振り三振に仕留め、1回無安打3奪三振の圧巻の投球を披露した。

 最速は149キロを記録。スライダーなどの変化球も交えての内容を「(状態は)良かった。今日は真っすぐ中心にいこうと思っていた」と振り返った。次回登板は未定だが、「トレーナーさんと相談しながら、(次回の)登板日は決めることなくやっていきたい」と前を向いた。

 高橋朋は今月3日のイースタン・リーグ、DeNA戦(西武第二)で1年2か月ぶりに実戦復帰。1回1安打無失点2奪三振と好投していた。

最終更新:6/24(土) 18:28
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/28(水) 23:50