ここから本文です

稲村亜美、始球式10球場で一番投げやすかったマウンドは…

6/9(金) 19:55配信

スポーツ報知

 「神スイング」でおなじみのタレント・稲村亜美(21)が9日、NHK BS1で放送されているプロ野球中継「ゆる~く深く!プロ野球」に登場し、試合前に行われる始球式について語った。

【写真】美女始球式特集

 稲村はこれまでプロ野球の本拠地10球場で始球式登板経験がある。番組では共演者から投げやすかった球場について問われると、稲村は「甲子園」と即答。「今年4月に2回投げたけれど、2回ともストライクでした。マウンドがピッタリ合って、投げやすい」とプロ選手顔負けのコメント。さらに球場の「雰囲気も投げやすく、盛り上がってくれた」と振り返っていた。

 自己最速は103キロだが、現プロ野球解説者の里崎智也氏(41)の助言で球速がアップしたという。「捕手目線で新鮮だった。投げるときに『こっちに向かってこい』と。それが良かったですね」と語り、共演者から「始球式でよく打者に向かって行きますね」と突っ込まれていた。

 番組は新しいプロ野球中継を提案する趣旨で、ロッテ―ヤクルト戦(ZOZOマリン)を見ながら宮本氏や稲村らがトークを繰り広げている。

最終更新:6/12(月) 4:12
スポーツ報知