ここから本文です

【MLB】レッズ投打かみ合い快勝、14年ぶりにカージナルスを4タテ

6/9(金) 13:46配信

ISM

 シンシナティ・レッズは現地8日、地元でセントルイス・カージナルスと対戦。先発スコット・フェルドマン投手が好投するなど投打がかみ合い、5対2で快勝した。これでレッズは4連勝、カージナルスは7連敗となっている。

 勝率5割復帰まであと1勝に迫ったレッズのブライアン・プライス監督は、「乱打戦では勝ちきれない」と先発投手の重要性を強調。その期待に応えて7回無失点で今季5勝目(4敗)を挙げたフェルドマンは、「しっかり点も取れているし、このシリーズで見せたようなゲームを続けていければ結果を残せるんじゃないかな」と打線の援護に感謝していた。

 レッズがカージナルスとの4連戦をスイープしたのは、2003年5月以来のこと。プライス監督は「全てが最高のシリーズだった。このチームは勝利を追っている。個人の成績じゃなくてね」と、選手たちの姿勢を称賛している。(STATS-AP)

最終更新:6/9(金) 13:46
ISM

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/26(水) 9:05