ここから本文です

【MLB】DバックスのC.アイアネッタ、2番抜てきで自己最多7打点

6/9(金) 13:48配信

ISM

 アリゾナ・ダイヤモンドバックスは現地8日、地元でサンディエゴ・パドレスと対戦。クリス・アイアネッタ捕手が7打点を挙げる活躍を見せるなど打線が爆発し、15対3と圧勝した。

 アイアネッタは2対3で迎えた5回に逆転の8号2ランを放つと、6回には満塁の走者を一掃するタイムリーツーベース、さらに8回にも2点適時二塁打でチームに追加点をもたらした。

 この日は今季初めて2番でスタメンだったことに、「ジョークかと思った」と驚いていたアイアネッタ。それが功を奏したのかキャリアハイの7打点をマークし、「子どもの頃に戻ったようだった」と大喜びだった。

 ダイヤモンドバックスは今季、主砲で3番を打つポール・ゴールドシュミット一塁手の前に置く2番打者を、左腕との対戦時には4人も入れ替わりで起用するなど試行錯誤していた。期待に応えたアイアネッタは「主砲の前に打席に入るということは、打つべき球がいくつか来るということ」と話し、「相手投手は強打者と対戦したくないからね。必然的に前を打つ自分と勝負するってわけさ」と語っていた。(STATS-AP)

最終更新:6/9(金) 13:48
ISM