ここから本文です

長友が練習で途中離脱…イラン入り初練習で右内転筋に張り訴える

6/9(金) 22:42配信

スポーツ報知

 日本代表は9日、イラン入り後初の練習をテヘラン郊外のグラウンドで行い、いきなりアクシデントに見舞われた。DF長友佑都が下半身を気にするそぶりを見せ、集団走から離脱。日本サッカー協会広報によると、右内転筋に張りを訴えたという。バヒド・ハリルホジッチ監督、医療スタッフと話し合い、チームドクターとともにロッカールームへ引き揚げた。

 この日、MF山口蛍が右下腿(かたい)の痛みで練習を欠席し、宿舎のホテルで治療を受けた。また、シリア戦(7日)ではMF香川真司が左肩を脱臼し、すでにチームを離れている。負けられないW杯最終予選イラク戦(13日・テヘラン)を前に、主力に負傷者が相次ぎ状況に、ハリルホジッチ監督の表情も曇った。

最終更新:6/9(金) 22:43
スポーツ報知

Yahoo!ニュースからのお知らせ