ここから本文です

明石家さんま、「ヤンタン」収録はピリピリムード…自身プロデュースドラマに小出主演

6/10(土) 6:04配信

スポーツ報知

 タレントの明石家さんま(61)が9日、都内で、10日放送のMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(関西ローカル)の収録を行った。自身がプロデュースした俳優の小出恵介(33)主演のNetflix(ネットフリックス)ドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」の7月7日からの配信予定が、淫行問題を受け難しい状況となっており、ピリピリムードの中で行われた。

【写真】「刑事事件に係る事案」という不祥事が判明した小出恵介

 一方、ドラマ関係者によると、「Jimmy―」に関する全てのプロモーションを自粛することが同日、分かった。18日に大阪で予定していた舞台あいさつも中止となり、さんまも大きなショックを受けているようだ。ネットフリックスは今後について「小出さんの所属事務所側の結論を待つ」とした。

 またこの日、小出と賀来賢人(27)がナレーターを担当していたBSーTBS「夢の鍵」(土曜・午後5時30分)で小出の降板が決定。代役は未定で、当面、賀来一人が務める。公開が終了していた出演映画「愚行録」は近日、一部劇場で追加上映が予定されていたが、中止となった。

最終更新:6/10(土) 7:47
スポーツ報知