ここから本文です

亀海、初対面コットは「小さかった」

6/10(土) 7:04配信

スポーツ報知

 プロボクシングの元東洋太平洋ウエルター級王者・亀海喜寛(34)=帝拳=が9日、滞在先の米国から成田空港着の航空機で帰国。約10日間滞在し、元4階級制覇王者ミゲル・コット(36)=プエルトリコ=とのWBO世界スーパーウエルター級王座決定戦(8月26日、米カリフォルニア州カーソン)の記者会見などに出席した。

 世界的な強豪と初対面し、ジムワークをこなしたが「背が小さかった。気難しいイメージがあったけど、笑顔でフレンドリーだった」と臆することはなかった。相手は年内の引退も示唆しているが「自分に勝って次のビッグマッチと思っているでしょうが、申し訳ないけど(プランを)崩す気は満々です」と頼もしかった。

最終更新:6/10(土) 7:04
スポーツ報知