ここから本文です

黒柳徹子の半生が“帯ドラマ”に 『トットちゃん』松下奈緒、山本耕史ら出演者発表

6/9(金) 5:00配信

オリコン

 女優・黒柳徹子(83)の半生をドラマ化する『トットちゃん』が、テレビ朝日系帯ドラマ劇場(月~金 後0:30~0:50)の第2弾作品として10月から放送開始される。脚本は大石静氏が担当し、激動の時代を駆け抜けた、徹子とその家族の物語を描く。これまでテレビドラマ・映画などの映像化は一切されていない『窓ぎわのトットちゃん』の時代からもエピソードを抜粋。テレビ女優・一期生として活躍したNHK時代や、これまで一切語られることがなく、このドラマではじめて明かされる“国境を越えた恋”まで、黒柳の怒とうの半生に迫っていく。

【アップショット】似てる?黒柳徹子役の豊嶋花

 黒柳は「私の家族のことが、ドラマになる。仲が良かった、父と母の若い頃を見られる。『トットちゃん』と呼ばれていた私は、戦争の中で、生きのびる事ができました。何て、ラッキーな人生だったことと、いまさら、ありがたく思う。テレビ女優第1号として、仕事をはじめて以来、64年間テレビに出続けられることが、できました。何十年も忘れることができなかった、犬の『ロッキー』も出てくるらしい。私も、楽しみに見たい『トットちゃん』! ご成功を、お祈りします」とコメントを寄せ、期待を露わにした。

 同ドラマは、4月にスタートした倉本聰氏のオリジナルドラマ『やすらぎの郷』の次に放送されるもの。バトンを受け取る大石氏も、連続テレビ小説『ふたりっ子』、大河ドラマ『功名が辻』、ドラマ『セカンドバージン』(いずれもNHK)など、国民的人気ドラマを数多く手掛けてきた。

 物語は、黒柳が生まれた1933(昭和8)年の4年前、母・朝(ちょう)と父・守綱(もりつな)が運命的な出会いを果たすところから始まる。戦中・戦後の困難な時代を経て、稀代のスターはいかにして生まれたのか。その個性が巻き起こしたさまざまなエピソードを、昭和の芸能史、テレビ史をひも解きながら、笑いと涙で綴っていく。

 あらゆる困難を明るく大胆に乗り越えていく母・朝を演じるのは、松下奈緒。朝はオペラ歌手を志望し音楽学校に通っていた女性で、音楽的才能にもあふれている松下にはピッタリの役どころといえそうだ。そして、天才的なバイオリニストだった徹子の父・守綱には、映画、舞台、ドラマなどで縦横無尽の活躍を見せる山本耕史が決定。黒柳の子ども時代は、NHKの連続テレビ小説『あまちゃん』『ごちそうさん』、同局の『家政夫のミタゾノ』などで注目された子役・豊嶋花が演じる。

 松下は「こんな夫婦、家族ってすてきだなと思っていただけるよう女性らしく、時に強くたくましく、チャーミングなお母さんになれるよう、そして黒柳徹子さんの素晴らしい思い出に恥じぬよう、一生懸命、妻、母になりたいと思います」。

 山本は「黒柳徹子さんご本人からもさまざまなお話をうかがい、私自身もこのドラマにかける思いをさらに強くしました。ドラマは完全なノンフィクションではありませんが、実話を描いた作品というものはそれぞれのエネルギーが組み合わさったとき、愛あふれる素晴らしい物語になると信じています。そんな物語を紡いでいく一員として、徹子さんという大スターを世に送り出したお父様になれるよう、真摯(しんし)に演じていきたいと思っております」と意気込みを語っている。

 黒柳の人生に多大な影響を与えた“トモエ学園”校長・小林宗作役には竹中直人が挑むほか、高田純次、八木亜希子、佐藤B作、古村比呂、小澤征悦、高岡早紀、凰稀かなめ、黒坂真美ら演技巧者たちの出演が続々決定している。

■キャスト
黒柳徹子…豊嶋花
物語のヒロイン、“トットちゃん”。幼い頃、まだ自分の名前がうまく言えなかったときに、“トット”と言い続けていたことから、このあだ名がついた。自由奔放で好奇心旺盛な女の子。

黒柳朝…松下奈緒
徹子の母。旧姓・門山。女優にスカウトされるほどの美女。ゆくゆくは婿を取り、北海道の無医村にある父・周通の医院を継ぐという約束で、東京の音楽学校に通い、声楽を学んでいた。だがある日、守綱と出会い、電撃的に同居生活をはじめてしまう。繊細で経済観念のまるでない夫・守綱を支える、気丈な妻。

黒柳守綱…山本耕史
徹子の父。日本を代表するバイオリニスト。第九の演奏会で、朝にひと目惚れし、プロポーズする。ただひたすらに妻・朝とバイオリンを愛する自由人で、真の芸術家。第二次世界大戦末期、招集を受け、満州に送られる。

井上宏…高田純次
朝の母・三好の弟で、朝の母方の叔父。音楽学校に通っていた朝を、麹町の自宅に下宿させていた。新聞社の経理部に勤めている。

井上えつ…八木亜希子(やぎ・あきこ)
宏の妻、朝の叔母。女は男に仕えるべきという封建的な家制度を嫌い、朝と守綱の駆け落ちを応援する。

門山周通…佐藤B作
朝の父。大学での立身出世を捨て、北海道の無医村に医院を開いた志高き医師。

門山三好…古村比呂
朝の母、周通の妻。夫・周通にひたすらに尽くす。

シイナさん…小澤征悦
本名、椎名昭造。朝と守綱が結婚生活をスタートするアパート、“乃木坂上倶楽部”1階で喫茶店を営んでいる。インド人の父、日本人の母の間に生まれたが、父親に認知されず、母の姓を名乗る。立派な口ひげがトレードマーク。

伊藤華子…高岡早紀
日本初の国際的建築家の未亡人。若き日に夫と出会い、共にパリに渡ったが、夫が病に倒れたため帰国。現在は“乃木坂上倶楽部”で、ひとりで暮らし。よき時代の思い出を胸に秘めながら、画家として生きている。

エミー市川…凰稀かなめ
社交ダンスのダンサーである夫・ダニー市川と2人で“乃木坂上倶楽部”で暮らしている。元は伯爵令嬢、有澤恵美子。親の反対を押し切ってダニーと駆け落ちし、アメリカへ。2人で本場のダンスを極めて帰国し、自らもダンサーとなった。

上原かなえ…黒坂真美
“乃木坂上倶楽部”の住人。“浅草とんぼ座”の女優。夫・富夫は座付き作家。

小林宗作…竹中直人
トモエ学園校長。徹子の人生に多大な影響を与えた人物。「きみは、本当はいい子なんだよ!」と、トットちゃんにいつも語りかけていた。戦前には珍しい個性を伸ばすユニークな教育法を実践。

最終更新:6/9(金) 8:45
オリコン