ここから本文です

【NBA】JR・スミス、試合直後のツイートを否定 「それほど愚かじゃない」

6/9(金) 12:26配信

ISM

 クリーブランド・キャバリアーズのJR・スミスが、現地7日に行なわれたNBAファイナル第3戦後のツイートについて、自身が投稿したものではないと述べ、ハッキングの被害に遭ったと主張した。

 キャブスは7日の試合でゴールデンステイト・ウォリアーズに敗れ、シリーズ0勝3敗と崖っぷちに立たされた。その試合後、スミスのツイッターアカウントからは、「Cavs in 7」と投稿されていた。

 スミスはこの件について、「シャワーを浴びてきたら、携帯電話が鳴っていた。僕はそれをツイートしていない」と、投稿は自身が行なったものではないと述べた。

 それでもスミスは、その投稿内容のように、キャブスがファイナル0勝3敗から巻き返し、第7戦まで持ち込むことが可能と信じていると認めた。なお、NBAプレーオフで0勝3敗から第7戦までもつれた例は過去に3度しかなく、3連敗からの4連勝でシリーズを制した例は、リーグ史上一度もない。

 スミスは、「僕はそのツイートを行なっていない」と繰り返し、「試合終了直後の(午前)12時4分にツイートをするほど愚かじゃない」と述べている。(STATS-AP)

最終更新:6/9(金) 12:26
ISM