ここから本文です

内山理名、映画でシングルマザー役「人間くささを出していきたい」

6/9(金) 12:32配信

オリコン

 女優の内山理名が9日、都内で行われた映画『single mom 優しい家族。』(2018年5月公開)製作発表会に出席。同作でシングルマザー役に挑む内山は「台本を読んだときに同じ女性として胸が苦しくなった。苦しんでいる女性を演じることによって、少しでも支えになったら」と意気込んだ。

【写真】木村祐一、長谷川葉音らも出席した発表会

 脚本・監督を務めるのは、マツモトキヨシ創業家で元衆議院議員、劇団マツモトカズミの松本和巳氏。シングルマザーの実態を題材にした作品。北海道・ニセコ町でオールロケを敢行し、主演の内山のほか、木村祐一、長谷川葉音らが出演する。

 別れた夫との間に生まれた11歳の娘を育てる主人公を演じた内山は、「私自身シングルマザーではないけれど、気持ちはわからなくないって言い切れる。初めての挑戦になると思うけれど、人間くささを出していきたい」とコメント。主人公たちと触れ合う、発達障害のミニカー職人役の木村は「内山さんが大変だと思います」と気遣い、「顔合わせのときに監督から3時間作品について説明されたのですが、上映時間は90分くらいなので倍です。熱意が伝わってきた」と話していた。

最終更新:6/9(金) 12:41
オリコン