ここから本文です

篠田麻里子、約3年ぶり地上波連ドラレギュラー「楽しみです!」

6/9(金) 12:00配信

オリコン

 女優の篠田麻里子が、7月6日よりスタートする読売テレビ・日本テレビ系連続ドラマ『脳にスマホが埋められた!』(毎週木曜 後11:59)で約3年ぶりの地上派連ドラレギュラーとして出演することが、わかった。篠田は主人公・折茂圭太(伊藤淳史)と同じアパレル会社『エグザルトン』の総務課勤務する女性・栗山五月(くりやま・さつき) を演じる。“スマホ人間”という独特な題材を扱うが「テーマがとても挑戦的で前代未聞なのでどんなドラマになるのか楽しみです!」と期待を寄せている。

【写真】野村麻純、中川知香ら新キャストが発表に

 ある日突然、脳がスマホのようになってしまったサラリーマン・折茂圭太(伊藤)が視界にはスマホと同じ画面が現れ、さらに他人のメッセージまで見ることができるという能力のおかげで社内外のトラブルに次々と巻き込まれていく…というSFヒューマンストーリー。企画担当は人気放送作家の鈴木おさむ氏が務める。

 五月はかつては優秀な社員だったらしいが、今は仕事への興味を失っている…という役どころ。撮影現場は「栗山五月役として折茂さんをみんなで楽しくいじってます」と伊藤を中心に和気あいあいとしたムードで進行しているようで「どんな展開になるのかとても楽しみなのと、まだまだ折茂さんに対してのイジリと、面白さ出していけたらと思います」と伊藤とのかけあいにも注目だ。

 このほか、キャストとしてすでに発表されている、新川優愛、メイプル超合金の安藤なつ、岸谷五朗に加え、岡田龍太郎、野村麻純、ぼくもとさきこ、結城モエ、中川知香、 新田祐里子、高嶋琴羽、池田鉄洋、西丸優子、戸田昌宏らの出演も決定している。

最終更新:6/9(金) 12:01
オリコン