ここから本文です

【GOLF】S.シンクら4人が首位タイ発進 岩田は149位

6/9(金) 10:02配信

ISM

 米男子ツアーのフェデックス・セントジュード・クラシックは現地時間8日、テネシー州のTPCサウスウインドを舞台に第1ラウンドの競技を終了。スチュワート・シンク(米)、スコット・ブラウン(米)、マット・エブリー(米)、セバスチャン・ムニョス(コロンビア)が6アンダー64で首位タイ、岩田寛は7オーバー77で149位タイとなった。

 トップタイの4選手中3選手が優勝経験があり、未勝利なのが24歳のムニョス。今季バレロ・テキサス・オープンでは27位タイ、下部ツアーでは1勝を挙げている。このまま残りの3日間を上位で戦い、ツアー初優勝となるだろうか。

 ムニョスらを1打差で追うチャール・シュワーツェル(南ア)、マット・ジョーンズ(豪)が5位タイ、2打差7位タイにレティーフ・グーセン(南ア)、チェズ・リアビ(米)。3打差9位タイにチャド・キャンベル(米)、グレイソン・マレー(米)らが続いている。

 その他、1アンダー29位タイにフィル・ミケルソン(米)、ブルックス・ケプカ(米)、ブライソン・デジャンボー(米)、グラエム・マクドウェル(北アイルランド)。1オーバー65位タイにアダム・スコット(豪)、ハンター・メイハン(米)、4オーバー123位タイにリッキー・ファウラー(米)となった。

 日本勢で唯一出場している岩田はトータル1バーディ、4ボギー、2ダブルボギーの7オーバー149位タイと出遅れた。予選ラウンドを通過するためにも2日目のビッグスコアに期待したい。

最終更新:6/9(金) 14:48
ISM