ここから本文です

ホンダ、中国広州工場を公開 2017年の販売130万台強の過去最高へ

6/9(金) 22:17配信

産経新聞

 【広州=会田聡】ホンダは9日、中国広州市の工場を報道陣に公開した。この工場で生産する小型スポーツ用多目的車(SUV)「ヴェゼル」などの好調で、2017年の中国販売は過去最高の130万台強になる見通し。ホンダは18年に、中国政府が普及を目指す電気自動車(EV)を現地で投入し、一層の事業拡大を狙う。

 工場は現地メーカー、広州汽車と折半出資する広汽ホンダが運営。1999年にセダン「アコード」の生産を開始し、現在は3つの生産ラインで年60万台の能力を持つ。今後はEVの生産設備の導入も検討する。

 出資する別の合弁会社との2社の合計で、ホンダは16年の中国販売が前年比24%増の125万台と大幅に伸びた。広汽ホンダの佐藤利彦総経理は「効率的で柔軟な生産を進めて、(17年は)130万台に向けて責任を果たしたい」と述べた。

最終更新:6/9(金) 22:17
産経新聞