ここから本文です

中国人実習生に違法労働 大垣市の縫製3社

6/9(金) 8:48配信

岐阜新聞Web

◆賃金未払い220万円
 岐阜一般労働組合は8日、県庁で会見し、大垣市の三つの縫製会社が中国籍の技能実習生に違法な長時間労働をさせ、30代の女性実習生5人に対し、少なくとも3カ月分の割増賃金など計約220万円が未払いとなっていると明らかにした。
 組合によると、5人は2014年秋から先月まで働き、婦人服を製造。割増賃金は法定基準を下回る400~500円で、2月からは支払われなかった。また、1カ月の時間外労働は100時間を上回り、ほかの実習生15人も同じ条件で働いていたという。
 会見には女性5人が出席。組合の甄凱第二外国人支部長は「経営者は社会的責任を果たすべきだ」と訴えた。
 会社の担当弁護士は「国の制度を使うなどし、できる限り支払いに応じたい」とする。

岐阜新聞社

最終更新:6/9(金) 10:20
岐阜新聞Web