ここから本文です

米スバル、新型WRX STIの特別モデル「タイプRA」を500台限定で発売

6/9(金) 11:07配信

オートックワン

北米スバルは、新型WRX STIをベースとした特別モデル「タイプRA」を発表した。

【画像】新型WRX STI タイプRA(北米仕様車)の写真

500台限定で、北米では2018年初めにデリバリーされる予定だが、現段階において日本での発売は未定である。

スバルテクニカインターナショナル(STI)は、これまでに様々な「RAモデル」を手掛けてきたが、今回新型WRX STI タイプRAが設定された。

限定モデルのWRX STI タイプRAは走りを極めるべく、サスペンションとエンジンをチューニングしてパフォーマンスをアップさせている。

ルーフパネルやリアウイングはカーボンファイバーを使用、スペアタイヤは外され、BBS社製の軽量な19インチアルミホイールを採用するなどして減量を図った。

なお、タイヤは245/35R19のヨコハマ ADVAN Sport(アドバンスポーツ)を履いている。

2.5リッターターボの水平対向エンジンを搭載、WRX STI タイプRAは、STIチューニングの冷却エアインテークとハイパフォーマンスマフラーを装着し、ECUと強化ピストンを調整した結果、310HPにパワーアップしている。

また、6速マニュアルトランスミッションは、3速のギヤ比を見直し、ショートスローシフターと組み合わせた。

これらの軽量化やエンジンのパワーアップ、ギア比の調整などにより加速性能が向上したほか、マルチモードVDCにも変更が加えられ、安定性も向上している。

サスペンションはフロントはストラット式でリアはダブルウィッシュボーン式とし、ビルシュタインのダンパーを装着することで、優れたハンドリング性能を実現した。

ブレンボ社製ブレーキシステムを採用し、リアはモノブロック6ピストンキャリパー、リアはデュアルピストンとし、放熱性に優れたローターを組み合わせた。

エクステリアは、フロントグリルとリアバンパーにはチェリーレッドのアクセントがあしらわれており、さらにターンシグナル付きのサイドミラーやシャークフィンアンテナ、STIフェンダーバッジはブラックとしてスポーティな印象に仕上げた。

なお、リアにはWRX STI タイプRAのバッジも装着されている。

さらに、スタビリティの向上と高速走行を両立するため、STIのフロントアンダースポイラーも装着された。

インテリアは、室内は赤いステッチやアクセントが随所に施され、STIロゴが型押しされたレカロシートが採用されている。

ステアリングホイールはグリップを高めるためにウルトラスウェードが使用されており、ツヤ出しブラックのセンタースポークにはSTIロゴが入っている。

ボディカラーは、WRブルーパール、クリスタルブラックシリカ、クリスタルホワイトパールの3色を用意した。

より正確なスペックや価格は、追って発表される予定となっている。

なお、この新型WRX STI タイプRAをベースとしたNBRスペシャルエディションは、今夏にニュルブルクリンクの最速記録に挑戦する予定だ。

最終更新:6/9(金) 12:37
オートックワン

Yahoo!ニュースからのお知らせ