ここから本文です

今週末、日本パラ陸上競技大会が東京で初開催!パラ世陸出場のトップアスリートらが会見

6/9(金) 22:48配信

カンパラプレス

 9日、第28回日本パラ陸上競技選手権大会・世界パラ陸上競技選手権大会の公式記者会見が日本財団パラリンピックサポートセンターで行われた。

 会見には、リオデジャネイロパラリンピック走り幅跳び銀メダリストの山本篤(スズキ浜松AC)、車椅子短距離日本記録保持者の中山和美(アクセンチュア)ら、世界パラ陸上競技選手権大会への出場が決まっているトップアスリート5名が参加。

 明日から2日間(10日~11日)開催される、日本パラ陸上競技選手権大会(東京・駒沢公園陸上競技場)と7月にロンドンで開催される世界パラ陸上競技選手権大会への抱負を語った。

各選手コメント

山本 篤(スズキ浜松AC):明日は、まず走幅跳が一番最初にありますので、いろいろとまた試していることがありますので、試合の中で試していきたい。試している中で手応えを掴んで、世界パラ陸上につなげていければと思っています。*日本選手権には、100m、200m、走り幅跳びに出場予定

前川 楓(チームKAITEKI):メインを100mに置いてたんですが、今シーズンから走り幅跳びに変え新しい環境の中でいろいろとやってきました。練習も試合に向けて調整が上手くいっているので、上手くいけば新記録が出るかと思います。世界パラ陸上に向けて、走り幅跳びの(記録の)平均値を上げていきたいなと思います。*日本選手権には、走り幅跳び、100mに出場予定

西 勇輝(野村不動産パートナーズ):今回、個人種目として、まず国内で優勝をしばらくとれていないので、個人種目で優勝をしたいなと思ってます。4×400mリレーには、先日のスイスの大会で日本記録を更新しましたが、今回もまた更新できるようにチーム一丸となって頑張っていきたいなと思っています。*日本選手権には、100m、200m、400m、4×400mリレーに出場予定

中山 和美(アクセンチュア):先日のスイスでの大会を終えて、スイスの地では1500mで自己ベストを出すことができ、他の種目もシーズンベストを出すことが出来ているので、良いコンディションではないかなと思っています。日本選手権でも自己ベストを更新できるような走りをしたいと思います。皆さん応援よろしくお願いいたします。*日本選手権には、200m、400m、800m、1500mに出場予定

芦田 創(トヨタ自動車):今シーズンは調子がいいので、その中でこの日本パラでは、来月の世界パラも控えておりますので、自分の練習がどの程度上手く消化できるのかなというのを試す試合にしたいなと思っています。自己ベストを目指して頑張りたいと思います。*日本選手権には、走り幅跳び、400mリレー、3段跳び、100mに出場予定

1/2ページ

最終更新:7/14(金) 19:14
カンパラプレス

Yahoo!ニュースからのお知らせ