ここから本文です

6月9日の満月は小さなストロベリームーン! 月が赤くは「染まりません」

6/9(金) 7:03配信

sorae.jp

2017年6月9日は満月なのですが、通常の満月とは少し違います。6月の満月は2017年で最も小さい満月「ミニムーン」で、また海外では「ストロベリームーン」「ローズ・ムーン」なんてよばれることもあるんです。
 
まず、月と地球の距離はいつも一定ではなく、離れたり近づいたりしています。これは月の公転軌道が楕円形のためで、遠地点(約40万6000km)を通過する6月9日には月が見た目上もっとも小さくなるのです。逆に、12月4日の満月は近地点を通るため最も大きく見えます。なお、国立天文台によれば12月4日の満月は6月9日よりも14%大きく、30%明るいそうです。なお、6月9日は22時10分に月が満ちます。
 
そしてストロベリー・ムーンですが、こちらはアメリカ先住民が6月9日の満月を「ストロベリームーン」と呼んだからです。これは満月がストロベリー色に染まるから……ではなく、この季節にイチゴの収穫期を迎えるからです。このような満月の呼び方は地域によって違い、たとえば同じくネイティブアメリカンのチェロキー族はこの満月を「グリーンコーン・ムーン」と呼びます。これは、青トウモロコシがよく育つ時期だからです。ストロベリーとグリーンコーン……全然違いますね。
 
なお6月9日の満月は月の位置が低く、また時期的に湿度が高く空気中の粒子が多いことから、満月が琥珀色に見えることがあります。これは満月が登った直後、あるいは沈む頃にオレンジ色っぽく見える現象と同じです。

最終更新:6/9(金) 7:03
sorae.jp