ここから本文です

オスタペンコがノーシードから快進撃で決勝進出 [全仏テニス]

6/9(金) 0:56配信

THE TENNIS DAILY

「全仏オープン」(フランス・パリ/本戦5月28日~6月11日/クレーコート)の女子シングルス準決勝で、エレナ・オスタペンコ(ラトビア)が第30シードのティメア・バシンスキー(スイス)を7-6(4) 3-6 6-3で破り、ノーシードから快進撃で決勝進出を果たした。試合時間は2時間24分。

19歳のラトビア人、オスタペンコが初のグランドスラム準決勝へ [全仏オープン]

 今回が初対戦だった両者はこの日、バシンスキーが28歳、オスタペンコは20歳の誕生日を迎えていた。バシンスキーは2015年の全仏でグランドスラム初の4強入りを果たし、セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)に6-4 3-6 0-6で敗れていた。

 グランドスラムに2015年のウィンブルドン(イギリス・ロンドン/グラスコート)から8大会連続出場となるオスタペンコは、今年の全豪オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)での3回戦進出がこれまでの最高成績だった。初出場だった昨年の全仏では1回戦で、大坂なおみ(日清食品)に4-6 5-7で敗れていた。

 オスタペンコはシングルスでのキャリア初優勝をかけて、第2シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)と第3シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)の勝者と対戦する。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:PARIS, FRANCE - JUNE 08: Jelena Ostapenko of Latvia celebrates victory following the ladies singles semi-final match against Timea Bacsinszky of Switzerland on day twelve of the 2017 French Open at Roland Garros on June 8, 2017 in Paris, France. (Photo by Adam Pretty/Getty Images)

最終更新:6/9(金) 0:56
THE TENNIS DAILY