ここから本文です

ジョニー・デップが映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』のPRで来日決定

6/9(金) 21:30配信

ELLEgirl

全世界総興行収入約37億3000万ドルを誇る、人気キャストと壮大なスケールで贈る映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの最新作『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』が、いよいよ7月1日より全国公開する。世界38の国と地域で初登場1位の大ヒットスタートを切った本作の主役、孤高の海賊ジャック・スパロウを演じるジョニー・デップの来日が決定!

【写真】バツ2婚約破棄3!恋多きジョニー・デップが愛した女たち

かつてジャックと冒険を共にしたウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)の息子ヘンリーを演じるブレントン・スウェイツと、美しく聡明な天文学者カリーナ役のカヤ・スコデラリオと共にジョニーは、6月20日に開催されるジャパンプレミアに参加し、日本語吹替版声優の栗山千明さん、中川大志さんと再会を果たす予定。

「今回の作品には、新しい視点や新しい驚きがあるんだ。最新作にはいろいろとより変わった要素があるし、本当におもしろい要素も含まれている。だから『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』以来の驚きに満ちた作品になると思う」と語るジョニー。圧倒的なスケールとユーモアで描かれる『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』のジャパンプレミアで、日本のファンに向けてどんなメッセージを届けてくれるのか、乞うご期待。

最終更新:6/9(金) 21:30
ELLEgirl