ここから本文です

【MLB】ダルビッシュ、3安打中2本がHRで3失点 敵将は「とても、とてもラッキー」

6/9(金) 7:20配信

Full-Count

7回までの2安打がいずれも本塁打に、レンジャーズ指揮官は「ユウは本当に良かった」

 レンジャーズのダルビッシュ有投手は7日(日本時間8日)の本拠地メッツ戦で7回1/3を9奪三振2四死球と好投したが、勝敗はつかなかった。打たれたヒットは3本も、そのうち2本がブルースの本塁打で3失点。チームが降板後に追いつき、黒星は消えたものの、最後は3-4で敗れた。かつてオリックスを指揮した敵将のテリー・コリンズ監督は「とても、とてもラッキーだった」と振り返っている。MLB公式サイトが伝えている。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 ダルビッシュは3回まで1人の走者も出さないパーフェクトピッチングも、1点リードの4回に先頭コンフォルトに死球を与えると、1死からブルースにこの試合初ヒットとなる逆転2ランを浴びた。6回にはコンフォルト、カブレラを三振に仕留め、日本人3人目のメジャー通算900奪三振としたが、続くブルースには2本目のホームランを浴びて3失点目。8回1死でラガレスにヒットを浴び、2点のリードを許したまま降板となった。

 好投のエース右腕を援護できなかったレンジャーズ打線は、8回にチリノスが同点2ラン。しかし、9回に守護神ブッシュが二塁手オドーアの送球エラーで決勝点を献上。レンジャーズはチャレンジしたものの、二塁ベースカバーに入ったアンドラスが完全捕球していなかったと判定され、覆らなかった。

 MLB公式サイトによると、メッツのコリンズ監督は試合後に「(7回までに)2安打を放ち、幸運なことに両方とも本塁打だった。我々はとても、とてもラッキーだった」と振り返ったという。ブルースの本塁打以外はダルビッシュにほとんど完璧に抑え込まれていただけに、貴重な2発となった。

 一方、レンジャーズのジェフ・バニスター監督は記事の中で「ユウの投球は本当に良かったように思う。ブルースに2度失投したけど、それを除けば制球できていた。速球は活きが良かったし、スライダーは空振りが奪える」と評価。出来が良かっただけに、エースで白星を掴みたかったところだろう。

 ダルビッシュはこの試合、今季2番目に多い117球を投げてストライクは69球。防御率は3.18となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/9(金) 7:20
Full-Count

スポーツナビ 野球情報