ここから本文です

高校で馬が生まれた? 2年ぶりに子馬誕生 セラピー馬に調教 士幌高校

6/9(金) 14:47配信

十勝毎日新聞 電子版

 士幌高校(士幌町、近江勉校長、生徒150人)に、2年ぶり雄の子馬が誕生した。将来は人に癒やしを与えるセラピー馬として調教していく予定で、生徒は子馬の健やかな成長を温かく見守っている。

 子馬の世話は、校内の厩舎(きゅうしゃ)でライディング部(金子亮太部長、10人)と畜産専攻班が行っている。

 子馬の誕生は2年前に生まれた雄馬のステラ以来で、子馬はステラの弟に当たる。生まれたのは5月18日の未明で、気温が低かったため予定日よりは遅れたという。

 新馬は体重約50キロで毛色はステラと同じ栗毛。ふだんは母馬のきららに寄り添って寝たり、寝わらの上で跳びはねたり元気な姿を見せている。

 ライディング部は平日の放課後に活動し、厩舎の掃除やセラピー馬としての調教を行っている。2年前に生まれたステラは今年度の学校祭でデビューする予定で、3月には3年生の卒業と同時に釧路管内厚岸町の牧場に帰るという。

 同部では年に数回、小学生や障害者などを高校に招き、馬と触れ合ってもらって心を癒やしてもらう活動を行っている。金子部長は、昨年訪れた新田小学校の児童が最初は怖がっていたが、次第に楽しそうに触れ合うのが印象的だったといい「笑顔で楽しそうに帰ってもらうのが何よりもうれしい」と話す。

 新馬もステラと同じように、少しずつ人になれさせるための調教を行っていく。馬には人間の感情が伝わるといい、金子部長は「優しい感情で接して愛情を込めて調教していきたい」と話している。

 新馬の名称は今後、全校生徒に公募して決める予定。(川野遼介)

十勝毎日新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ