ここから本文です

ハレプがプリスコバを下してグランドスラム初制覇に王手 [全仏テニス]

6/9(金) 3:28配信

THE TENNIS DAILY

「全仏オープン」(フランス・パリ/本戦5月28日~6月11日/クレーコート)の女子シングルス準決勝で、第3シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)が第2シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)を6-4 3-6 6-3で破り、3年ぶりとなる決勝進出を果たした。試合時間は2時間。

オスタペンコがバシンスキーをフルセットで振りきり、ノーシードから快進撃で決勝進出 [全仏オープン]

 この結果でハレプは、プリスコバとのジュニア時代からの対戦成績を6勝1敗とした。前回の対戦は昨年8月のモントリオール(WTAプレミア5/ハードコート)の3回戦で、ハレプが6-3 6-3で勝っていた。

 全仏オープンに8年連続出場となるハレプは、2014年にグランドスラム自己最高となる準優勝。昨年は4回戦で、サマンサ・ストーサー(オーストラリア)に6-7(0) 3-6で敗れていた。前哨戦のマドリッド(WTAプレミア・マンダトリー/クレーコート)では2連覇を達成している。

 ハレプはグランドスラム初優勝をかけて、ノーシードから勝ち上がってきたエレナ・オスタペンコ(ラトビア)と対戦する。この日20歳の誕生日を迎えたオスタペンコは準決勝で、第30シードのティメア・バシンスキー(スイス)を7-6(4) 3-6 6-3で下しての勝ち上がり。

 プリスコバはこの試合に勝てば、週明けに更新される世界ランクでアンジェリック・ケルバー(ドイツ)を抜いて1位になることが決まっていた。ハレプはプリスコバを破ったことにより、この大会に優勝すれば世界ナンバーワンの座に就くことができる。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:PARIS, FRANCE - JUNE 08: Simona Halep of Romania celebrates during ladies singles semi-final match against Karolina Pliskova of The Czech Republic on day twelve of the 2017 French Open at Roland Garros on June 8, 2017 in Paris, France. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:6/9(金) 3:28
THE TENNIS DAILY