ここから本文です

豊洲見学会に応募1500人超 関心高まる市場移転問題

6/9(金) 20:48配信

TOKYO MX

TOKYO MX

 東京都は14日に豊洲市場の都民向けの見学会を開くことにしていますが、60人の募集に対して1500人を超える応募があったことが分かりました。市場の移転問題は日を追うごとに関心が高まっています。

 東京都は参加者を100人に増やして、抽選の上で決めることにしています。東京都の小池知事は定例記者会見で市場移転について、豊洲市場と築地市場の特性をまとめたプロジェクトチームの報告書も参考にして「総合的に判断する」と述べ、これまでの考えを繰り返しました。

 小池知事は「豊洲ありきということでこれまで進んできた中で、築地の見直しについて触れた点がプロジェクトチームの今回の報告書の1つのポイント。2つ目のポイントは、市場の持続可能性についてかなり詳しく言及されていること」「多方面から分析されているので、総合判断の材料の一つとして受け止めたい」と述べました。

 13日に小池知事はプロジェクトチームの報告書を受け取る予定であるほか、近いうちに中西副知事をトップとする「市場のあり方戦略本部」が開かれる見通しです。

最終更新:6/9(金) 20:48
TOKYO MX