ここから本文です

“地球”が誇るスターが集結! SFホラー『ライフ』メイキング映像が公開

6/9(金) 7:00配信

ぴあ映画生活

ジェイク・ギレンホール、ライアン・レイノルズ、真田広之らが出演するSFホラー『ライフ』のメイキング映像が公開になった。映画はどこにも逃げ場がない国際宇宙ステーションが舞台で、個性豊かな俳優たちの緊張感のある掛け合いも魅力のひとつになっている。

『ライフ』メイキング映像

本作の主人公は、国際宇宙ステーションに集まった様々な分野のプロフェッショナル。彼らのミッションは、火星で発見された未知の生命体を調査することで、生物学や、危機管理など様々な方面から“人類と宇宙生命体の初対面”をサポートしようと奔走する。しかし、謎の生き物は、地球で暮らすあらゆる生命体からはまったく想像もできない進化を遂げ、逃げ場のない密室=宇宙ステーションはパニックに。人類はこの生命体の進化の行方を見守るべきか? それとも危険とみなして死滅させるべきか? 物語は、圧倒的な緊張感を保ったまま、観客の予想外の方向へと進んでいく。

もし、人類が初めて“地球外生命体”に出会ったら? この状況にリアリティをもたせるため、本作には実力派俳優が集められた。さらに“国際”宇宙ステーションのため、国籍やキャリアも様々な俳優が顔を揃えている。アメリカ出身のジェイク・ギレンホール、カナダのライアン・レイノルズ、スウェーデン生まれのレベッカ・ファーガソンらが集結し、日本が世界に誇る名優、真田広之がステーション最年長のクルーを演じている。

このほど公開になったのは、撮影現場の模様をおさめたメイキング映像で、それぞれの俳優が共演者について語る場面や、撮影の合間の息抜きの時間を記録している。

劇中でも、彼らは、時に笑顔でミッションに挑み、時に意見が対立し、時に力を合わせて窮地を乗り越えようとする。主役級のキャストが集まっているため、宇宙生命体が暴走しても、誰が犠牲になるのか予想できない。“殺されるために登場する脇役”がいない映画『ライフ』は、最後の最後まで気が抜けない作品になりそうだ。

『ライフ』
7月8日(土) 丸の内ピカデリー他全国ロードショー

最終更新:6/9(金) 7:00
ぴあ映画生活