ここから本文です

ハレプ 全仏OP3年ぶりの決勝進出、四大大会初V王手<女子テニス>

6/9(金) 3:16配信

tennis365.net

全仏オープン

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は8日、女子シングルス準決勝が行われ、第3シードのS・ハレプ(ルーマニア)が第2シードのKa・プリスコバ(チェコ共和国)を6-4, 3-6, 6-3のフルセットで下して3年ぶり2度目の決勝進出を果たし、四大大会初優勝に王手をかけた。

【マレーvsワウリンカ 1ポイント速報】

この日、ファイナルセットの第4ゲームで最後フォアハンドのパッシングショットを決めでブレークに成功したハレプは第7ゲームでブレークバックを許すも、第8・9ゲームを連取して勝利した。

決勝では、世界ランク47位のJ・オスタペンコ(ラトビア)と対戦する。オスタペンコは準決勝で第30シードのT・バシンスキー(スイス)をフルセットで破っての勝ち上がり。

現在世界ランク4位のハレプは2014年の全仏オープンで四大大会初の決勝進出を果たし、M・シャラポワ(ロシア)に敗れるも準優勝。昨年は4回戦でS・ストーサー(オーストラリア)にストレートで敗れた。

今季は、ムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、プレミアマンダトリー)で2連覇を達成。続くBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、WTAプレミア)でも準優勝を飾っている。

一方、敗れたプリスコバは、四大大会で自身2度目の決勝進出とはならなかった。

tennis365.net

最終更新:6/9(金) 3:19
tennis365.net

Yahoo!ニュースからのお知らせ