ここから本文です

完全個室夜行バス「ドリームスリーパー」に「早割」登場 東京~大阪間1.5万円

6/9(金) 11:31配信

乗りものニュース

通常1万8000円が「早割」で1万5000円に

 関東バス(東京都中野区)は2017年6月9日(金)、夜行高速バス「ドリームスリーパー(DREAM SLEEPER) 東京大阪号」に、曜日と席数限定の「早割運賃」を導入すると発表しました。

【写真】個室の扉を開けると…

 このバスは11席すべてが扉付きの完全個室型で、「快適なプライベート空間を実現することで最高の眠りと、上質なリラクゼーションを追求した夜行高速乗合バス」(関東バス)といいます。

 今回導入される「早割運賃」は、乗車日の10日前までにチケットを購入すると、日~木曜の大人片道が通常1万8000円のところ、1万5000円になります(子供設定なし)。対象は7月9日(日)の出発便(6月9日発売)から。ただし祝前日や8月10日(木)~17日(木)などの繁忙期は除きます。席数も限定です。高速バス予約サイト「発車オ~ライネットWEB」でのクレジットカード決済で購入できます。

「ドリームスリーパー東京大阪号」は関東バスと両備ホールディングスの共同運行で、東京の池袋駅西口と、大阪のなんば(OCAT)、門真車庫のあいだを1日1往復しています。片道の通常運賃は、金、土曜と祝前日、繁忙期が大人2万円、子供1万5500円。祝前日や繁忙期を除く日~木曜が大人1万8000円、子供1万4500円です。

乗りものニュース編集部