ここから本文です

「自転車の施錠しっかり」ロックの日にPR  鳥栖市

6/9(金) 14:07配信

佐賀新聞

 「県民ロックの日(毎年6月9日)」を前に7日早朝、鳥栖工高生と鳥栖署員、県警マスコットキャラクターの「ごろうくん」などが鳥栖市のJR鳥栖駅で駅利用者に自転車の施錠を呼びかけた。9日までの3日間、商業施設などでも実施し、住民の防犯意識向上につなげる。

 鳥栖工高生たちは「自転車の盗難に注意」の文字が躍る黄色いのぼり旗を持ち、「施錠をお願いします」と声を掛けながら勤め先や学校に向かう駅利用者にちらしやワイヤ錠などを手渡した。

 同校生徒会で交通委員長を務める山口晶久さん(17)=電子機械科3年=は「自転車は自分たち学生に欠かせない交通手段だが、鍵をかけていないことで盗まれたという話をたまに聞く。一つでも盗難が減れば」と話す。

 鳥栖署管内では今年1月から5月末までの暫定値で75件の自転車盗難被害が発生しており、前年同期比で7件増えている。鳥栖署の北野一信署長は「鳥栖駅は県内でも自転車盗難が多い場所。盗む側にその気を起こさせないよう、二重ロックを心がけてもらえれば」と注意を喚起する。

最終更新:6/9(金) 14:07
佐賀新聞