ここから本文です

交番で相談の少女にみだらな行為 巡査免職、署長ら6人も処分/県警

6/9(金) 21:53配信

埼玉新聞

 交番で相談を受けた18歳未満の少女にみだらな行為をしたとして、埼玉県警は9日、越谷署地域課の巡査(21)を同日付で懲戒免職処分にした。また、監督上の処置として巡査と同じ交番に勤務する男性巡査部長(29)、越谷署長ら6人を警務部長注意などの処分にした。

 県警によると、巡査は今年3月29日、私生活の悩み相談で交番を訪れた県東部の無職少女(17)と知り合い、翌30日に連絡先を交換。同日~5月11日、越谷市内のホテルなどで、少女が18歳未満と知りながら、複数回みだらな行為に及んだほか、交番内でも体を触るなどした。男性巡査部長は少女がたびたび交番に訪れていたことを知りながら、上司や担当部署に報告しなかった。

 5月19日、少女が同署に相談して発覚した。巡査は翌20日、県青少年健全育成条例違反(淫行)の疑いで逮捕され、「気持ちが舞い上がってしまった。自分の性欲を抑えられなかった」と供述。少女に対して「申し訳ないことをした」と話したという。

 さいたま地検越谷支部は9日、「起訴するに足る十分な証拠がなかった」として巡査を不起訴処分とした。

 県警の佐伯保忠首席監察官は「県民の信頼を裏切る行為であり、本件の関係者および県民の皆さまに深くおわび申し上げる。職員に対する職務倫理教養を徹底し、再発防止に努める」とコメントした。

最終更新:6/9(金) 22:12
埼玉新聞