ここから本文です

<鶴ケ島虐待>長男にも暴行、容疑の父を書類送検 次男は重体/県警

6/9(金) 22:24配信

埼玉新聞

 埼玉県鶴ケ島市で4月、自宅で次男(1)の頭を殴り重体にさせたとして父親が逮捕された事件で、長男(3)にも暴行を加えけがを負わせていたとして、県警捜査1課と西入間署の合同捜査班は9日、傷害の疑いで、同市脚折、無職の男(23)=傷害罪で起訴=をさいたま地検に書類送検した。

 送検容疑は2015年11月24日午前6時半ごろ、自宅で当時2歳の長男の顔にリモコンを投げ付ける暴行を加え、両目などに約1週間のけがを負わせた疑い。

 同課によると、投げ付けたリモコンは長さ23センチ、幅5センチ。長男の病院受診歴などから、長男の事件が判明したという。

 県警は4月と5月、次男の頭を拳で殴って外傷性急性硬膜下血腫のけがを負わせたなどとして、男を傷害容疑で逮捕、再逮捕していた。次男は入院中で、意識不明の重体が続いている。

 男は「夜勤明けで子どもがぐずってイライラした」などと長男への傷害容疑を認めているという。

最終更新:6/9(金) 22:24
埼玉新聞