ここから本文です

「田子にんにく」盗難許さん! 防止パトロール始まる

6/9(金) 13:30配信

デーリー東北新聞社

 ニンニクの収穫期を控える青森県田子町で6日、三戸警察署(杉山肇署長)や地域住民による盗難防止パトロールが始まった。関係者約50人が、全国ブランドの「田子にんにく」を被害から守るため、夜間の見回りなどに取り組む。

 同日は町中央公民館前で出動式を実施。三戸署や三戸地区防犯協会、八戸農協三戸営農センターの関係者らが参加した。

 地区防犯協会の奥家三雄会長は「ニンニクは高値が続き、大きな被害の恐れがある。生産者が1年かけて育てたニンニクを、みんなの力を結集して守ってほしい」と呼び掛けた。杉山署長は「昨年は被害の届け出がなかった。被害ゼロを継続するため警察では態勢を強化している。盗難抑止に向け一緒に活動したい」と話した。

 式後には町内の園地を回り、盗難防止を訴える看板やのぼりを設置した。町内では6月下旬から7月上旬にかけて収穫の最盛期を迎える。

デーリー東北新聞社