ここから本文です

ベネヴェントが88年間で初のセリエA昇格決定…来季はナポリとの同州ダービーに注目

6/9(金) 12:36配信

GOAL

セリエBのベネヴェントが8日、クラブ史上初となるセリエA昇格を決めた。

5月22日からスタートしたセリエBプレーオフでは順位表で3位から8位のクラブ(フロジノーネ、ペルージャ、ベネヴェント、チッタデッラ、カルピ、スペツィア)がセリエA昇格となる1枠を懸けて争った。決勝には5位のベネヴェントと7位のカルピが駒を進め、4日に行われたプレーオフ決勝ファーストレグは0-0の引き分けに終わっていた。8日に行われたセカンドレグ、ベネヴェント対カルピ戦では、ホームのベネヴェントが1-0で制し、来シーズンのセリエA昇格を決めた。

ベネヴェントは1929年に創立したクラブで、チームカラーは黄と赤だ。セリエA昇格は創立以後88年間の歴史において初めての快挙となる。2015-16シーズンまではレーガ・プロ(イタリア3部)で戦っていたクラブだが昨年のセリエB昇格からわずか1年でセリエA昇格を手にした。

ベネヴェントはイタリア南部のカンパーニア州ベネヴェントに拠点を置く。同州の強豪ナポリとのカンパーニア・ダービーは注目されるところだ。

なお来シーズンはベネヴェントに加え、順位表で1位のスパル、2位のヴェローナがセリエAに昇格する。セリエAからは18位のエンポリ、19位のパレルモ、20位のペスカーラがセリエBに降格する。

最終更新:6/9(金) 12:36
GOAL