ここから本文です

イケメン消防士役でブレイク中、初来日したテイラー・キニーが『シカゴ・ファイア』を語る

6/9(金) 16:00配信

ぴあ映画生活

シカゴを舞台に、消防隊員たちが命をかけて人命救助に当たる姿を描くレスキューアクションドラマ『シカゴ・ファイア』。全米では2012年に4大ネットワークのNBCで放送がスタート。刑事ドラマの傑作『LAW&ORDER』シリーズのヒットメーカー、ディック・ウルフが製作総指揮を務め、3本のスピンオフが誕生するほど爆発的人気を誇る話題作だ。日本でも現在AXNにてシーズン3が放送中、そしてDVDが今月7日(水)よりレンタル開始になったのに合わせて、主演のテイラー・キニーが初来日。女性にはモテモテのイケメン消防士ケリー・セブライド役でブレイクした彼は、昨年には第42回ピープルズ・チョイス・アワードTVドラマ部門ドラマ男優賞を受賞し、一躍人気スターの仲間入り。キニー自身も、「このシリーズに出たことは僕にとってキャリアの転機になった」と認める。

『シカゴ・ファイア』その他画像はこちら

「それまではヨルダンで映画出演のために2カ月過ごしたり、サンフランシスコでテレビシリーズの撮影に1年間参加したこともあった。要するに渡り歩いてきたんだ。だから、ディック・ウルフが手がける作品と聞いて、(NYが舞台の)『LAW&ORDER』が20年も続いたから、逆にひょっとしてシカゴにずっと居続けることになるんじゃないかと心配もしたんだよ。でも、撮影の度にシカゴに長期間いることで、シカゴに入り込み、セブライドという役を通して、実際に活躍している消防隊員や警察官たちと仲良くできて、役にも愛着が芽生えた」と語る。

迫力の消火&救助シーンも見ものである本作。消防士との交流や実際の消防士体験も積み、役作りを重ねている。「撮影が10カ月も続くと、もうそれが自分の一部になって。セブライドとして夢を見ることだってある」と笑う。劇中のセブライドは消防服に身を包み、タフなイメージか漂うが、素顔のキニーはおしゃれで、とても落ち着いた大人の男という印象。歌姫レディー・ガガの元婚約者としてゴシップ欄を賑わせたこともある彼に、女性関係に関しては派手で“来る者は拒まず”的なセブライドをどう思うのか、率直にぶつけてみた。「ハハハ(笑)、そりゃあ、僕も女性は大好きだから、セブライドに共感はできるところもある。でも彼がモテるのはチャーミングで、数をこなそうとするから(笑)。だから実は失敗も多いけれど、軽い付き合いだろうが、ロマンチックだろうが、とにかくこの女性をモノにすると思ったら諦めない。それがセブライドのモテ理由かもね」と分析する。

来日中、シーズン6までの更新も発表され、番組の人気と共に人気もますます上り調子になることは間違いないキニー。「今後、セブライドは大きなトラブルに見舞われ、特にシーズン3では大事な人を失って精神的にボロボロになる。でも、彼がそうした試練とどう対峙するのか。彼の人間としての成長ぶりをぜひ見守って欲しい」と締めくくった。

取材・文:前田かおり

『シカゴ・ファイア シーズン2』
レンタル中
DVD-BOX 7月5日(水)発売 9500円+税

『シカゴ・ファイア シーズン3』
海外ドラマ専門チャンネルAXNにて放送中

最終更新:6/9(金) 16:00
ぴあ映画生活