ここから本文です

サカナクション山口 音楽業界の仕事解説 レコード会社のプロモーターとは?

6/9(金) 20:01配信

TOKYO FM+

サカナクションの山口一郎がTOKYO FMのレギュラー番組に出演。前回に引き続き、各レコード会社のプロモーターをお招きして、“山口ディレクター”に実際にプロモーションしてもらいました。その中から、洋楽がメインのレーベル・BEATNIKのプロモーター、田中さんと山口のやり取りを紹介します。
(TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! サカナLOCKS!」6月8日放送分)

◇◇ ◇◇
田中「今日はWarp RecordsっていうUKの老舗レーベル所属の!!!(chk chk chk)っていうアーティストで、『!』が3つで『チック チック チック』って読むんですけど……」

山口「大好きですよ。しかもね、僕もう聴いているよ。先行シングルだけ。でもSCHOOL OF LOCK! の生徒は、!!!を知らないと思うんですよね」

田中「そうですよね。では簡単に私からご説明したいんですけど、1996年にニューヨークで結成されているバンドで、レッド・ホット・チリ・ペッパーズの全公演をサポートしたということでかなり世界中から注目を集めています。日本でもすごく人気があって、ジャパンツアーもソールドアウトさせてことがあるという実力の持ち主です。今回聴いてもらいたいのは、『NRGQ』という曲です。日本語の読み方でリリックビデオを作っていまして……歌詞カードだと英語じゃないですか。発音の仕方が分からないっていうのがあるので、聴いたままのカナで書くっていう……」

山口「あー、小さい頃僕もやった」

田中「!!!のライブを観ながらみんなで歌ってもらえたらいいなってことで。YouTubeで絶賛公開中です」

山口「言葉もリズムですからね」

田中「そうなんです。それを見ながら、今年の夏にソニックマニアで来日するので、観に来てもらいたいなーっていう……」

山口「なるほどねー。生徒たちに!!!を聴いてもらうチャンスって、ある意味、これから先ここしかないもんね」

――!!!「NRGQ」をオンエア

山口「これ難しい曲ですねー。かっこいいけどね」

田中「本当ですか? 私めちゃくちゃ好きなんですよ。結構踊れるって感じの曲なので。……で、これを皆さん歌って欲しいわけです」

山口「これをね。日本人はこういうファンクとかディスコのノリって盆踊りに通じるものがあるから踊りやすそうですし、日本のロックバンドでもこういうテイストのものは出てきていますからね」

田中「そうですね。是非、洋楽の壁をとっぱらって聴いていただけたら嬉しいです」
◇◇ ◇◇

山口:2週に渡ってプロモーターさんのプロモーションを受けてきましたけど、やっぱりミュージシャンとラジオ局のハブとなるプロモーターっていう職業は、リスナーに対してどんな曲をかけるかっていうディレクターと、世の中にどんな曲を広めたいかっていうプロモーターと、世の中にどういう曲を知らしめていきたいかっていうミュージシャンの三角形の中でごちゃごちゃしながらリスナーに届けられているっていうことが分かりました。
リスナーがどんな音楽を求めているかっていうのがディレクターにも影響するし、ミュージシャンにも影響するということは、リスナーが音楽を作っていると言っても過言ではないんですね。この関係性をリスナーが知るっていうことが大事だなと思いました。これから音楽業界を目指す生徒たちもたくさん居ると思いますけど、プロモーターを経験しないとできませんよとか、いきなりディレクターをやりたいって言われてもやれませんよっていうのもあるのでね……。そういうお話をする授業を、これからもやっていきたいと思います。

最終更新:6/9(金) 20:01
TOKYO FM+