ここから本文です

元王者 国枝慎吾、粘るもストレート負けで決勝進出ならず<男子テニス>

6/9(金) 20:00配信

tennis365.net

全仏オープン

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は9日、車いすテニスの男子シングルス準決勝が行われ、ワイルドカードで出場の国枝慎吾はA・ヒューウェット(英国)に4-6, 4-6のストレートで敗れ、決勝進出とはならなかった。

【マレーvsワウリンカ 1ポイント速報】

この日、第1セットを落とした元王者の国枝は第2セットに入ってもヒューウェットの強力なリターンに苦しみ、第9ゲームでブレークを許す。第10ゲームでは粘りを見せるも、最後はリターンがアウトし、力尽きた。

肘の怪我から復活した国枝は、初戦で第2シードのS・ウデ(フランス)との激闘を制し、ベスト4へ進出していた。

全仏オープンでは2007年から2010年の4連覇と2014・2015年の2連覇の計6度の優勝を飾っている。

また、今大会のS・オルソン(スウェーデン)とのペアでダブルスにも出場する。

tennis365.net

最終更新:6/9(金) 20:11
tennis365.net