ここから本文です

トッテナムでバロンドールを「とにかく金色のトロフィーが欲しいんだ」

6/9(金) 20:50配信

theWORLD(ザ・ワールド)

クラブの成績が重要だと語る

トッテナムに所属するハリー・ケインが、フットボーラーにとって最高の名誉でもあるバロンドール獲得が夢だと語っている。

バロンドールは2008年から現在まで、リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドの2人だけが、その栄光を手にしている。その間に割って入ろうとする選手はこれまで何人もいるものの、2強を崩すことができていない。しかし23歳にして2年連続プレミアリーグ得点王に輝いたケインは、バロンドール獲得に意欲を燃やしている。同選手のコメントを英『Daily Mail』が伝えた。

「とにかく金色のトロフィーが欲しいんだ。なんとしてでも勝ち獲りたい。ロナウドは、リーガ・エスパニョーラとチャンピオンズリーグを獲得した。メッシも同じような状況だ。要するにトロフィーを獲得するためには、個人だけではダメなんだ。チームの優勝が必要となる。僕はそれをトッテナムでやってみせるさ」

個人だけの賞ではないことを強調したケインは、移籍することなくトッテナムでそれを成し遂げることを宣言した。トッテナムをプレミアリーグ優勝、チャンピオンズリーグ優勝に導けば自ずとバロンドールも付いてくるだろう。やる気に満ち溢れるエースに来シーズンも期待が懸かる。

http://www.theworldmagazine.jp