ここから本文です

名将ベニテス、プレミアリーグ優勝も視野に「私の全ての情熱を捧げる」

6/9(金) 23:30配信

theWORLD(ザ・ワールド)

1年でプレミアリーグ復帰

昨シーズンにプレミアリーグ降格となったニューカッスルだったが、見事2部で優勝を果たし1年でプレミアリーグに返り咲いている。

同クラブの指揮官を務めるのは、レアル・マドリードやリヴァプールで監督を務めてきたラファエル・ベニテスだ。同監督はこれまでの経験や知恵を駆使し、名門をまずは1部に戻した。しかしこれからが戦いだとベニテス監督は英『Daily Mail』に語っている。

「なにか始めるときは、毎回私の全ての情熱を捧げるんだ。そして全力を尽くし、全て上手くいくことを願う。それを正しい道のりで成し遂げるだろう。そしてプレミアリーグで全てを競えるチームを作り上げる。私の全てという意味は一貫して戦わなければならないということだ。もしFA杯を戦っているのなら、FA杯をね。リーグ優勝したいとかではないんだ。私はただ競い合いたい。そのあとでトロフィーを勝ち取るのか、リーグ優勝を勝ち獲るのかだ」

プレミアリーグを知る男に、恐れるものなどないのだろう。名門復活を託されたベニテス監督の戦いは始まったばかりだ。

https://www.theworldmagazine.jp