ここから本文です

広島“セ・パ首位対決”に大勝 6連勝で阪神と3差、ジョンソンが復帰戦で初勝利

6/9(金) 21:31配信

Full-Count

バティスタ2打点&松山2打点&鈴木3打点、楽天はソフトBに0.5差に迫られる

 広島は9日、敵地で楽天との“セ・パ首位対決“に12-3で快勝し、6連勝を飾った。先発ジョンソンが復帰戦で6回6安打2失点と好投して今季初勝利。打線はバティスタが先制打を放つなど2点打。松山も2点タイムリーをマークするなど2、3回の2イニングで6点をもぎ取り、8回には鈴木が走者一掃の3点ツーベースを放った。塩見が先発を回避した楽天は、緊急登板の戸村が3回途中5失点と炎上。打線も援護できなかった。

 広島は2回、1死二塁でバティスタが先制打。さらに、西川がタイムリーと本盗を決めるなど3点を先制した。3回もバティスタの押し出し死球、松山の2点タイムリーで3点を追加。一気に楽天を引き離した。

 先発ジョンソンは1、2、3回と走者を出しながら無失点。4回は四球と2本のヒットで満塁とされると、岡島のニゴロの間に1失点。さらに、藤田のタイムリーで2点目を失ったが、後続を断った。

 5、6回も無失点に抑え、6回2失点で降板。7回は中崎が無失点に抑えると、8回には2死満塁の好機で鈴木が走者一掃のタイムリーツーベースを放ち、安部もタイムリーで計4点を加えて試合を決めた。

 9回にも2点を加え、12-3で快勝。6連勝で2位阪神とのゲーム差を「3」に広げた。楽天は2位ソフトバンクに0.5ゲーム差に迫られた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/9(金) 21:31
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/26(月) 1:20