ここから本文です

ソフトB快勝、楽天と肉薄0.5差 3打点柳田に工藤監督「自信に満ち溢れてる」

6/9(金) 22:30配信

Full-Count

柳田は4試合連続のお立ち台、「4日でも、5日でも、6日でも…」

 ソフトバンクが快勝し、首位・楽天に0.5ゲーム差と肉迫した。9日の阪神戦(ヤフオクD)。柳田悠岐外野手が3戦連発となる2ランを放つなど、全3得点を1人で稼ぐ活躍で4日連続のお立ち台。交流戦4カード連続でカード初戦に勝利した工藤公康監督も、ヒーローインタビューを受ける主砲を見て「いいんじゃない。4日でも、5日でも、6日でも続けてくれれば」と目を細めた。

【動画】工藤監督も「自信に満ち溢れてる」と絶賛…ホークス・柳田が3試合連続本塁打!

 初回に、今宮が三塁ベース直撃の二塁打を放つと、背番号9がきっちり中前
適時打。3試合連続の先制打とすると、3回には再び中前安打で出塁した今宮を一塁に置き、15号2ラン。阪神先発の岩貞が投じた真っすぐを捉え、左翼ホームランテラス席へと運んだ。

 この日は2安打3打点。交流戦10試合で7本塁打20打点と爆発している主砲に「打席の中で落ち着いているし、自信に満ち溢れている。安心して見ていられる」。さらに指揮官は「ちょっと当たりの止まっていた今宮くんに3本いい形で出たので、明日から繋がりが出るかなと思う」と、11試合ぶりのマルチ安打となる今宮の3安打猛打賞を喜んだ。

バンデンハークも快投「真っすぐで押しても、前に飛ばなかった」

 先発のバンデンハークは6回まで、阪神打線をわずか3安打に封じる好投。6回に無死二、三塁のピンチを招いたが、相手クリーンアップを完璧に封じた。7回からは勝利の方程式へバトンをつなぎ、森、岩嵜、サファテの無失点リレーで逃げ切った。

 6勝目をあげたオランダ人右腕について、工藤監督は「(投手コーチの)佐藤さんから、今日はブルペンでも今季1番いいくらい走っていたと聞いていた。真っすぐで押しても、前に飛ばなかったし、カーブもうまく使っていた」と称賛した。

 この日の勝利で交流戦は8勝2敗となり、オリックス、広島とともに交流戦首位をキープ。貯金は今季最多の17。楽天が敗れたため、10日にもパ・リーグ首位に立つ。優勝候補の大本命が、パ・リーグの1番上を射程に捉えた。

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

最終更新:6/9(金) 22:30
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(金) 18:05